味噌専門店が教える野菜嫌いをなくす味噌汁の作り方 ~美味しい味噌の見分け方・保存方法~【日本人の3割しか知らない ハナタカ!】

お役立ち

 

こんにちは、yojipapa です。

 

今回は、『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』で紹介された、東京都練馬区にある味噌専門店の糀屋三郎右衛門さんが教える味噌の力で野菜嫌いをなくす方法などをお伝えします。

 

番組内容

日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館

東京都練馬区にある味噌専門店の糀屋三郎右衛門さんが教える味噌の力で野菜嫌いをなくす方法などを紹介しています。

 

出演

【MC】
上田晋也(くりぃむしちゅー)、有田哲平(くりぃむしちゅー)

【ゲスト】
柴田理恵、長嶋一茂、カンニング竹山、鈴木紗理奈、池田美優

【進行】
山本雪乃(テレビ朝日アナウンサー)

 

味噌専門店が教える野菜嫌いをなくす味噌汁の作り方 ~美味しい味噌の見分け方・保存方法~【日本人の3割しか知らないこと ハナタカ!】

 

東京都練馬区にある味噌専門店の糀屋三郎右衛門さんは昭和14年創業の老舗です。

都内では唯一の専門店だそうです。

 

味噌の専門店が教えたい3つのハナタカ

 

味噌の美味しさを見分けるポイント

 

お味噌の美味しさを見分けるポイントは、

① 無添加
② 長期熟成
③ 吸気口付き

だそうです。

 

無添加の味噌は熟成してパッケージがふくれてしまうので、

 

 

パッケージにガス抜きバルブ(吸気口)があるそうです。

 

 

無添加の生きた味噌が呼吸するために、穴が開いているそうです。

 

美味しさを保つ味噌の保存方法

 

味噌は酸化防止のため、くり抜いた部分を平らにすることで空気にふれる部分を少なくして、

 

 

ラップをかけて保存することで美味しく長持ちするそうです。

 

味噌を使った野菜嫌いをなくす方法

 

子どもの野菜嫌いをなくす方法として、

 

 

ダシを入れないで味噌だけで少し長めに煮ることで野菜の味を味噌でカバーできるそうです。

 

ダシを入れると野菜の味が引き立ってしまい野菜嫌いの子どもは食べにくいのですが、

 

 

出し汁を入れないことで味噌だけが野菜をオブラートのように包んでくれて野菜のクセを減らすそうです。

 

味噌専門店が教える美味しい味噌汁の作り方

 

お椀に味噌を入れて、

 

 

具を入れて、お湯で溶かすだけです。

 

 

いかがだったでしょう。

 

ダシも入っていない味噌だけの超シンプルな味噌汁の作り方でしたね。

こんなに簡単でよかったのですね。
(^ – ^

子どもの野菜嫌いがなくなれば親としては嬉しいですよね。

 

今回のハナタカをまとめると、

1、お味噌の美味しさを見分けるポイント

① 無添加 ② 長期熟成 ③ 吸気口付き

2、美味しさを保つ味噌の保存方法は、くり抜いた部分を平らにしてラップをかけて冷蔵庫に保存する。

3、出し汁を入れずに味噌だけで野菜を煮ることで野菜のクセをなくす。

4、味噌専門店が教える美味しい味噌汁の作り方は、シンプルに味噌と具材をお湯で溶かすだけ。

 

タイトルとURLをコピーしました