プロが教える美味しいチャーハンの作り方とパラパラに炒める方法! ~ラード・ごま・酢醬油~【日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!】

お役立ち

 

こんにちは、yojipapa です。

 

今回は、『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』で紹介されたチャーハン専門店チャーハン王さんの新橋店 店長が教える家庭で作れる美味しいチャーハンの作り方と家庭で簡単にチャーハンをパラパラに作る方法の内容をお伝えします。

 

番組内容

アンケート調査でわかった本当に自慢できる日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館

チャーハン専門店チャーハン王の新橋店 店長が教える美味しいチャーハンの作り方と家庭で簡単にチャーハンをパラパラに作る方法を紹介しています。

出演

【MC】
上田晋也(くりぃむしちゅー)、有田哲平(くりぃむしちゅー)

【ゲスト】
柴田理恵、長嶋一茂、光浦靖子(オアシズ)、高橋茂雄(サバンナ)

【進行】
山本雪乃(テレビ朝日アナウンサー)

 

プロが教える美味しいチャーハンの作り方とパラパラに炒める方法! ~ラード・ごま・酢醬油~【日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!】

 

チャーハン王さんは、チャーハンの専門店で、

なんと、

 

 

メニューは1品だけのこだわりぬいた究極のチャーハンを提供しているお店です。

 

 

メニューはこの、

 

 

チャー王セット(1000円)だけで勝負しています。

なんと、1日150食限定です!

食べてみたいですね。
(^ – ^

 

ちなみにチャー王のチャーハンの作り方は、

熱したフライパンに卵を2つ入れてから、

 

 

国産黒毛和牛と数種類の野菜をブレンドしたペーストを入れたシンプルなチャーハンです。

でも、これがコクがあってめっちゃ美味しいらしいです。

 

なぜ1品なのかというと、味の追求がしやすいので究極のチャーハンをつくるためだそうです。

 

 

それでは、チャーハンのプロが教える美味しいチャーハンの作り方のご紹介です。

 

チャーハンを炒める油はラードを使うと美味しい

 

豚の脂肪分でできた動物性のラードはサラダ油と違い甘味とうま味が追加されるそうです。

お店では絶対にラードしか使わないそうです。

 

チャーハンのご飯は炊きたてご飯が美味しい

 

炊きたてのご飯は温度が均一なので味のムラがでにくく仕上がりが全然ちがうそうです。

 

ちなみに冷凍ごはんは、

 

 

水分が出てベチャベチャなチャーハンになりやすいそうです。

 

 

冷凍や冷やご飯の場合は電子レンジで温めてから使うとパラパラになりやすいそうです。

ご飯も硬めに炊くと水分が少なくてパラパラになりやすく良いそうです。

 

チャーハンをパラパラにするにはゴマを入れて具材は細かくする

 

ゴマが米と米のすき間に入って水分を吸収するそうです。

更にうま味が出るそうです。

 

パラパラチャーハンには水分が何より大敵なのですね。

 

そして、

 

 

具材もみじん切りくらいに細かくするとご飯の間に入りパラパラになりやすいそうです。

 

チャーハンに酢醬油をかけて食べると美味しい

 

コクが増して更にサッパリとした味わいになるそうです。

 

チャーハンを炒める時のポイントは振らずに押し当てるように焼きつける

 

家庭のコンロは火力が弱いのでフライパンに押し当てて焼きつけるイメージで作ると味のムラもなくなりパラパラになりやすいそうです。

 

そして、

 

 

フライパンを振ると火から離れて温度が下がるので、なるべく振らない方が良いそうです。

 

 

いかがだったでしょう。

 

まとめると、

1、チャーハンを炒める油はラードを使うと美味しい

2、チャーハンのご飯は炊きたてご飯が美味しい

3、チャーハンをパラパラにするにはゴマを入れて具材は細かくする

4、チャーハンに酢醬油をかけて食べると美味しい

5、チャーハンを炒める時のポイントは振らずに押し当てるように焼きつける

 

今度、チャーハン作る時はこの方法で作ってみたいと思います。

 

酢醬油もかけて食べてみたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました