プレゼント&インテリアに最適!しゃべる・回転する・浮く 地球儀!【地球儀専門店が教える! 日本人の3割しか知らない ハナタカ!】

お役立ち

 

こんにちは、yojipapa です。

 

今回は、『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』で紹介された、東京都中央区にある地球儀専門店が教えるハナタカの内容をお伝えします。

 

番組内容

日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館

出演者

【MC】
上田晋也(くりぃむしちゅー)、有田哲平(くりぃむしちゅー)

【ゲスト】
柴田理恵、石原良純、カンニング竹山、池田美優

【進行】
山本雪乃(テレビ朝日アナウンサー)

 

プレゼント&インテリアに最適!しゃべる・回転する・浮く 地球儀!【地球儀専門店が教える! 日本人の3割しか知らない ハナタカ!】

 

日本で唯一の地球儀だかけを扱う専門店です。

最新の地球儀から世界の地球儀まで揃う150種類を扱う専門店です。

 

こんな地球儀を販売しています。

しゃべる地球儀

 

とても人気のある地球儀だそうで、

 

 

ペンでタッチした国の首都・通貨・歴史などの情報をしゃべって教えてくれます。

 

 

おもしろいですね。これは楽しめそうです。
(^ – ^

しゃべる地球儀

 

自動で回る地球儀

 

内臓されたソーラーパネルにより半永久的に自転する地球儀です。

 

 

自転しているので、ほんとの地球を見ている感覚になりますね。

 

MOVA ブルーマップグローブ

 

磁力で浮く地球儀

 

なんと、強力な電磁力で浮いています。

 

 

癒しの空間がつくれそう。

とても神秘的ですね。
(^ – ^

 

宙に浮く地球儀

 

 

約300年前にオランダで作られたレプリカも販売されているそうで、

 

 

まだ地図が完成されていなく、日本はロシアとくっついています。
(^ – ^

月球儀

 

クレーターはもちろん、

 

 

アポロ11号の着陸地点も表示されています。

 

 

月球儀(KAGUYA-かぐや)

 

火星儀

 

富士山の6倍もある高さのオリンポス山が見られるそうです。
(#^ . ^#

 

渡辺教具製作所 火星儀

 

そして専門店で一番高価な地球儀が、

 

 

アメリカの輸入品で、

球径81cm、高さ121cm、重さ31kg もあり、

 

 

地図が詳細に書かれていて、

 

 

ブッシュ元大統領時にホワイトハウスに設置されたこちらの地球儀のお値段は、

 

 

なんと、1890000円です。

すごいですね。

 

楽天市場ではこちらの地球儀が一番高額です。

【英語版】リプルーグル地球儀 球径81cm

 

地球儀専門店のハナタカ

 

地球儀が売れるシーズンは、入学シーズン3・4・5月と、プレゼントシーズンのクリスマスの時期が多く売れるそうです。

 

そして、昔の地球儀は、地味な色が多かったそうです。

 

その理由は、

 

 

昔は空から見たことがなかったので色が分からなかったからだそうです。

 

およそ60年前の、

 

 

ガガーリンが「地球は青かった。」と報告したことや、

 

 

衛星技術の進歩により青い地球儀が増え始めたそうです。

 

そして海外では元々、皇帝などが作らせていたものなので、

 

 

インテリア用として茶色の色が多いそうです。

 

日本では、学習用として取り入れてきたので、

 

 

青い地球儀が多いそうです。

 

 

いかがだったでしょう。
(^ – ^

 

今は色々な地球儀があるのですね。

しゃべる。
自転する。
宙に浮く。

なんて、いいですね。
(^ – ^

 

わたしも子どもに小学校の入学時に地球儀を買いました。

世界で活躍なんてことは思いませんが、広く大きな地球を感じてほしいと思ったからです。

 

大人になってインテリアとして使えるなら茶色の方がいいかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました