覚えるとカッコいい簡単な法則!算数が5秒で得意になる前と後! ~ 算数の苦手意識をなくす遊び メイク10 ~【教えてもらう前と後】

お役立ち

 

こんにちは、yojipapa です。

 

今回は、教えてもらう前と後【算数を好きになる★たったひとつのコツ】で紹介された東京都府中市の明星小学校で教えてもらう、算数の苦手意識をなくそうとする工夫と覚えておくとカッコいい“簡単な法則”をお伝えします。

 

番組名

教えてもらう前と後【ハンバーグ2択★10歳若返る!手荒れ(秘)改善★小学生クイズ】

出演者

【MC】
滝川クリステル

【レギュラー】
博多華丸・大吉

【スタジオゲスト】
今泉佑唯・陣内智則・中川家、礼二・森泉

【VTR出演】
カミナリ(竹内まなぶ・石田たくみ)・ 四千頭身(都築拓紀・後藤拓実・石橋遼大)

 

覚えるとカッコいい簡単な法則!算数が5秒で得意になる前と後! ~ 算数の苦手意識をなくす遊び メイク10 ~【教えてもらう前と後】

 

東京都府中市の明星小学校では、

 

 

算数の苦手意識をなくすために様々な計算方法を工夫としてとりいれているそうです。

算数の授業の、最初の5分間でトランプを使うなどして数字に親しめるよう工夫しています。

 

 

それでは、こちらの数字が で割り切れるかお答えください。

次の数字が3で割り切れるか?

 

52137

 

 

正解は、

 

 

52137÷3=17379 で、

割り切れます。

 

実は、で割り切れるかどうか簡単な方法でわかります。

 

それは、

 

 

数字を1つずつ足せばいいそうです。

 

 

52137は、1つずつ数字を足して、

5+2+1+3+7=18 18は、3で割り切れるので割り切れるそうです。

 

それでは、この数字ではどうでしょう。

次の数字が3で割り切れるか?

 

56712

 

正解は、

 

 

5+6+7+1+2=21

21は、3で割り切れるので、

割り切れます。

 

この方法は、 でも同じ法則で割り切れるかが導けるそうです。

 

 

でも、このコツはだけに当てはまるそうです。

3人で割り勘する時なんかは知っておくと役立ちますね。
(^ – ^

 

明星小学校の数字ゲームの中で、子どもたちに人気が高いのが、

 

 

メイク10

メイクテンという、ランダムで選んだ4つの数字を、+-×÷ を使って答えを「10」にする遊びだそうです。

 

例えば、

 

 

1233 の数字は、

2×3+1+3=10 でメイク10です。

 

それでは、メイク10の問題です。

+-×÷を使って合計10を作りなさい 9824

 

 

ヒントと答えは、次ページです。

陣内さんのおもしろ珍回答もでます。
(^ – ^

 

 

タイトルとURLをコピーしました