お腹がなるのを防ぐ方法 ! お腹が鳴りやすい人と鳴りにくい人の差 ! ~お腹が鳴りやすい食材と鳴りにくい食材の違い~【この差って何】

お役立ち

 

こんにちは、yojipapa です。

 

今回は、『この差って何』で紹介された”お腹がなりやすい人とお腹がなりにくい人の差”の内容をお伝えします。

 

番組名

この差って何★雑談上手な人と雑談下手で気まずくなる人の差にガンバレルーヤ仰天SP

出演者

【MC】
加藤浩次&川田裕美

【レギュラーパネラー】
土田晃之・上地雄輔

【パネラー】
朝比奈彩・伊集院光・まひる(ガンバレルーヤ)・よしこ(ガンバレルーヤ)

 

お腹がなるのを防ぐ方法 ! お腹が鳴りやすい人と鳴りにくい人の差 !            ~お腹が鳴りやすい食材と鳴りにくい食材の違い~【この差って何】

 

お腹がなりやすい人となりにくい人の差を教えてくれるのは、

 

お腹に関する本を多数執筆している、

 

消火器内科の専門医、江田クリニック院長 江田証先生です。

まず、お腹には「ぐ~」と胃から鳴る時と「ぎゅるるる」と腸から鳴る時の2種類あるそうです。

 

胃から鳴る場合は、

 

 

空腹の胃の中の空気が十二指腸へ流れる時に鳴るそうです。

お腹が鳴らないようにするには、

 

 

基本的には食べれば鳴らなくなるそうです。

 

でも、どうしても食べれない状況の時には、

お腹が鳴るのを抑える方法(胃)

 

飴を舐めるだけでも効果があるそうです。

 

その理由は、

 


飴を舐めて血糖値を上げることで、脳がお腹が空いていないと勘違いすることで胃の動きが抑えられて音が鳴るのを防げるそうです。

 

そして、腸からなる「ぎゅるるる」という音は、

 

 

腸内で発生したガスが1か所に集まることによって鳴るので、お腹が空いている空いていないに関わらず鳴ってしまうそうです。

 

ちなみに、ごはんとパンで比較すると、

 

 

小麦製品のパンの方がガスが溜まりやすいそうです。

 

 

なので、朝食でパン、昼食でパスタを食べるとお腹が鳴りやすくなるそうです。

 

ガスを発生させやすい食材

 

人によって鳴りやすい食材があるそうなので、

 

 

気になる方は何を食べた時にお腹が鳴るのかをチェックするといいそうです。

 

お腹が鳴るのを抑える方法(腸)

 

デスクワークのように動かない時間が多くなると発生したガスが1か所に集まりやすくなるので、

 

 

20分~30分に1度腰をひねると鳴る数を減らすことができるそうです。

 

 

検証結果では、3時間で42回も減らすことができました。

ほぼ5分の1の回数ですね。

 

 

いかがだったでしょう。

 

お腹がなりやすいと悩んでいる方にとっては、とても役立つ情報ですね。

わたしが十代の頃は、すごくお腹が鳴っていたのを覚えています。

いくら食べてもお腹が減ってた時期です。
周囲が静かな環境の時になると嫌ですよね。
(#^ . ^#

 

お腹が鳴るのを抑える方法は、

で鳴っている時は飴。

で鳴っている時は腰をひねる。

 

 

タイトルとURLをコピーしました