心不全とは?心不全の原因・症状・検査・予防方法・治療方法を紹介!心不全患者100万人以上 ! 最新治療法【チョイス@病気になったとき】

お役立ち

 

こんにちは、yojipapa です。

 

今回は、NHKチョイス@病気になったとき「気になる心不全」の内容をお伝えします。

 

番組内容

心臓が全身に血液を送るポンプとしての役割を十分に果たせなくなる心不全。
息切れやむくみが起こり、放置していると命にかかわります。
心不全の原因になっている病気を治療するとともに、薬物療法や生活習慣の改善方法を紹介しています。

出演者

【司会】
八嶋智人、大和田美帆

【講師】
公立阿伎留医療センター副院長循環器内科医 樫田光夫

【リポーター】
吉田真人

【語り】
佐藤真由美、江越彬紀

 

 

心不全とは?心不全の原因・症状・検査・予防方法・治療方法を紹介!             心不全患者100万人以上 ! 最新治療法【チョイス@病気になったとき】

 

心不全とは、心臓が全身に血液を送り出すポンプの役割が十分に果たせなくなっている状態のことをいいます。

 

 

実は、”心不全”は病名でなくポンプ機能が果たせなくなっている状態のことをいうそうです。

 

 

現在、心不全患者は、120万人ほど、これから毎年1万人が発症されるといわれています。

かなりびっくりする人数ですね。

国民の100人に1人です。

 

 

講師は、公立阿伎留医療センター副院長循環器内科医 樫田光夫さんです。

 

 

心不全の原因とは

 

1、心臓病の悪化

2、加齢による心臓機能の低下

 

 

心不全の原因で一番多いのが心筋梗塞。
そして、生活習慣病の高血圧が心筋梗塞に次いで2番目の原因だそうです。
(高血圧は心臓に負担が大きいためだそうです)

高血圧の方、若い方でも多いと思いますが気をつけたほうがいいですね。

 

心不全の症状とは

 

  • 息が切れる・・・心不全の典型的な症状で最初は体を動かしたときに起きるが進行すると安静にしててもおきる
  • 疲れやすい・・・今まで感じたことがないような疲れを感じる
  • むくみがある・・・足にでることが多い 押すとへこんだまま戻らないのが特徴
  • せきが続く・・・熱が出ない、ぜん息のような症状が出ることもある
  • 体重増加・食欲不振・腹部の膨満感・・・血液が停滞して起こる
  • 手足が冷たい・・・ポンプの機能が衰えて手足まで血液が送りだせないことでなる心不全のその他の症状はこのようなことも
    呼吸が速くなる
    脈が速くなる
    首の静脈が太くなる

 

 

次ページは、心不全の検査・治療法・予防法についてです。

 

タイトルとURLをコピーしました