電子レンジ調理の電気代節約!ワット数と温め時間の簡単計算方法【日本人の3割しか知らないこと ハナタカ!】

お役立ち

 

こんにちは、yojipapa です。

 

今回は、『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』の投稿ハナタカのコーナーで紹介された、電子レンジの調理方法(温めのワット数や時間の計算方法)をお伝えします。

 

番組名

日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館

出演者

【MC】
上田晋也(くりぃむしちゅー)、有田哲平(くりぃむしちゅー)

【ゲスト】
高橋克実、北斗晶、ケンドーコバヤシ、SHELLY

【進行】
山本雪乃(テレビ朝日アナウンサー)

 

電子レンジ調理の電気代節約!ワット数と温め時間の簡単計算方法【日本人の3割しか知らないこと ハナタカ!】

 

電子レンジを使う時、よく冷凍食品などの商品パッケージに温め目安の何Wで何分って表示が書かれていますよね。

あれって使う電子レンジのワット数によっては、いったい何分温めればいいの?って思ってしまいます。
(#^ . ^#

 

実は、とても簡単な温め時間の計算方法がありそうです。

500W6分の温め目安の場合

 

商品の温めは、熱量で計算すると簡単だそうです。

500W6分の温め目安の場合は、

500(W)×6(分)=3000(熱量)

なので、600Wの電子レンジを使った場合は、

600(W)×(分)=3000(熱量)となり、

5分温めると同じ熱量になります。

 

700W3分の温め目安の場合

 

700W3分の熱量は、2100の熱量なので、

600Wの電子レンジを使った場合は、

600(W)×3.5(分)=2100(熱量)となり、

3分30秒温めると同じ熱量になります。

 

 

いかがだったでしょう。

 

よく考えればあたりまえですが熱量が大切だったのですね。

こう見ると簡単に計れたのです。

わたしは、いつも適当に温めてました。
(^ – ^

 

これからは温めすぎて無駄に電気代かけずにすみます。
(^ – ^

 

タイトルとURLをコピーしました