目上の人宛て年賀状によくある5つの間違いと正しい言葉の書き方! ~年賀状に相応しい言葉・年賀状の正しい書き方~【この差って何】

お役立ち
楽天銀行デビットカード

 

こんにちは、yojipapa です。

 

今回は、『この差って何』で紹介された年賀状の作法「年賀状にふさわしい言葉とふさわしくないい言葉の差」の内容をお伝えします。

 

番組名

この差って何★上司に送る年賀状に「賀正」はNG!縁起のいい正月のしきたりの差SP

出演者

【MC】
加藤浩次&川田裕美

【レギュラーパネラー】
土田晃之・上地雄輔・指原莉乃・スザンヌ・ビビる大木・矢田亜希子

【VTRゲスト】
佐々木健介・北斗晶

 

目上の人宛て年賀状によくある5つの間違いと正しい言葉の書き方!            ~年賀状に相応しい言葉・年賀状の正しい書き方~【この差って何】

 

年賀状の作法(年賀状にふさわしい言葉とふさわしくない言葉の差)を教えてくれるのは、

 

 

和文化研究家・日本礼法教授 斎木由香先生です。

 

 

斎木先生に番組スタッフに届いた年賀状2年分924枚をチェックしてもらい、年賀状に相応しくない5つ間違いを紹介します。

 

 

では、この年賀状のどの部分が間違えているでしょう。

目上の方に出した年賀状です。

 

 

5つの年賀状に相応しくない間違いがあります。

 

では、一つ目です。

 

年賀状にふさわしくない言葉① 去年

 

去年の「去」は去るという意味があり、不吉な事を連想し縁起が良いものではないそうです。

「昨年」「旧年」という言葉を使うとよいそうです。

 

「去」という字以外でも、

 

 

縁起が良くないという理由で「」や「」も年賀状には相応しくないとされているそうです。

 

 

年賀状にふさわしくない言葉② 1月1日と元旦は両方一緒に書かない

 

1月1日と元旦(1月1日の朝)は同じ意味なので、どちらか1つで良いそうです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました