ハードエンデューロレーサー石戸谷蓮 ~ 世界一過酷なバイクレース「エルズベルグロデオ」に挑む!~【クレイジージャーニー】

バラエティー

 

こんにちは、yojipapa です。

 

今回は、クレイジージャーニーで放送された“世界一過酷なバイクレース!その全貌とは!?”がとても衝撃的なレースですごかったので、その内容を紹介します。

 

世界一過酷なバイクレースとは、どんなレースなのでしょう。

 

番組内容

クレイジージャーニー 世界一過酷なバイクレース!その全貌とは!?

世界一過酷なバイクレース「エルズベルグロデオ」に挑むレーサー石戸谷蓮に同行しています。
完走率およそ1%…急斜面、岩場、肉弾戦・・・バイクレースとは思えない内容です。

出演

【MC】
松本人志(ダウンタウン) 設楽統(バナナマン) 小池栄子

【クレイジージャーニー】
ハードエンデューロレーサー石戸谷蓮(いしどや れん)

 

ハードエンデューロレーサー石戸谷蓮 ~ 世界一過酷なバイクレース「エルズベルグロデオ」に挑む!~【クレイジージャーニー】

 

今回のクレイジージャーニーは、ハードエンデューロレーサー石戸谷蓮さんです。

 

 

石戸谷さんはハードエンデューロというバイクレースのレーサーです。

わたしは知りませんでした。
(^ – ^

ハードエンデューロは、レース用に整備されたコースで走るのではなくてほぼ自然の地形をそのまま活かして行うバイクレースです。

体半分まで浸かってしまいそうな沼だったり、

 

 

岩だったり、森だったりと、

バイクレースとは思えない場所でありえないレースをします。

そのため、

 

 

「バイクレース界の総合格闘技」ともいわれる、超クレイジーな競技です。
(^ – ^

そんなクレイジーレースに挑んでいる石戸谷さんは、

 

 

3歳からオートバイに乗り始め、

 

 

JNCC Aクラスチャンピオン
JNCC AA2クラスチャンピオン
JEC 国際B級 3位
JEC 国際A級 4位

モトクロク界では、好成績をおさめているすごい方なのです。

石戸谷さんは、

人がまともに歩けない道をバイクで走れることに感動した」と、

 

 

18歳の時にハードエンデューロレーサーに転身されたそうです。

とても若い時に転身されたのですね。
決断力がすごい。しかも超危険なレースなのに・・・。

 

そんな石戸谷さんが全身全霊を傾けているレースが、

 

 

ハードエンデューロの世界大会である、

 

 

「エルズベルグロデオ」です。

全長、40kmもある岩、沼、急坂、森の中のレースで、

そのレースの過酷さゆえに完走者は、

 

 

1500人中で23人です。

 

 

たった1%の完走率なのです。

やばすぎるレースですね。
(#^ . ^#

では、その超過酷レースの賞金は、

 

 

賞金はなく、ただの石です。
(#^ . ^#

名誉と自己満足だけですね。
まさにクレイジー。

 

次ページは、いよいよハードエンデューロの世界大会「エルズベルグロデオ」のレース内容です。

 

タイトルとURLをコピーしました