自衛隊一過酷 ! レンジャー養成訓練内容&自衛隊員 給料 -月給- 公開 ! ~ レンジャー訓練で最も過酷 ! 3夜4日 行進訓練 ! ~【ジョブチューン】

お役立ち
丸4日 超ハードな行進

9月11日 AM1:00 笛による起床の合図

教官たちの命令で着替えを始める隊員

この時間から、レンジャー最終訓練が始まります。

最終訓練は、これまでの訓練の集大成です。

実戦を想定し、対戦車砲や模擬の弾薬なども携帯し、装備の重さは約50kgです。

横になった状態から反動を利用して、やっと立つことができます。

AM4:30  13名はトラックに乗り込み、

2時間半後に、何もない原野に到着です。

到着後、細部の位置を方位磁石と地図で確認します。

この場所は、

釧路駐屯地から約40km離れた山の中です。

ここから、4日以内に様々な任務を達成しながら徒歩で戻ります。

装備には熊除けの鈴が必要なほど道なき道を、

不眠不休で歩き続けるペースが必要の訓練です。

早速、約50kgの装備の重さにより転倒しそうになる隊員。

スタートから3時間、

ようやく最初の休憩です。

座らずに片ひざをつき休憩します。

突然の敵の襲来で対応できるように座らずに休憩です。

そして水分も限定され、水筒のキャップ10杯分だけが許可されました。

一息ついただけで、再び山歩きです。

そして雨が降り、

悪路になることはもちろん、衣服や装備に水分が含み重みが増して疲労が蓄積します。

スタートから10時間、

食事の時間です。

最終訓練では、1日1食 レトルトの白米とカレーです。

冷たいまま食べるので箸がすぐ折れてしまうそうです。

そのためか、

箸は多めに支給されているそうです。

異変に備え片ひざ立ちで食事します。

深夜0:00

暗闇でも敵に見つかることを避け、明かりは一切つけずに歩きます。

すると、

暗闇で足をとられ隊員が転倒します。

この訓練は、
自分との闘いでもあり、それに勝ってこそレンジャーに必要な強い精神力が備わるそうです。

 

3日目 午前、

隊員が頭から転倒・・・

自分では動くこともできません・・・

仲間たちが隊員を起こし助けます。

苦しい時、仲間たちで共に助け合うこともレンジャーの必要な要素だそうです。

 

3日目夜、

1時間だけの仮眠が許されます。

 

次ページは、
レンジャー養成訓練 最終任務です。

タイトルとURLをコピーしました